ホームヘルパー資格 取得方法

ホームヘルパー資格の取得方法

ホームヘルパーという資格は、在宅介護の現場で働くために、現在では必須と言ってもよい資格になっています。
100年に一度と言われる不況の現代において、介護の現場は在宅でも施設でも人手の不足が深刻です。
介護サービスの会社への就職にも大変に有利になるホームヘルパー資格の取得方法とはどのようなものでしょうか。
実は、ホームヘルパーの資格取得方法は、ほかの資格のように資格試験を受験して合格するともらえるというものでは「ありません」。
ホームヘルパー資格の取得方法は、厚生労働省が定めた講習を修了することで取得できるようになっています。

 

ホームヘルパーの資格について

ホームヘルパーの働く職場は、仲間も人ならお客さんも人であり、実際に人と人とが密接に触れあいながら仕事を進めていくことになります。
また仕事の内容によっては、体の自由のきかない人を移動したり、一人では食事を取れない人のお世話をしたりするなど、まさに命を守るための仕事になりますので、介護技術の確実な習得、実践に生かせる知識の学習が必要であり、ホームヘルパーとして提供する介護サービスのレベルを、定められたクオリティーで維持するためにも、十分な時間をとって講習を受けていくという方法が、ホームヘルパー資格の取得方法として最適なのでしょう。
ホームヘルパー資格には3級から1級までありますが、ホームヘルパー3級資格の取得方法としての講習は合計50時間、ホームヘルパー2級の資格取得方法としての講習は合計130時間、ホームヘルパー1級資格の取得方法としての講習は合計230時間と定められています。
それぞれのレベルにあった内容の講義になりますが、当然、級が上がるほど内容も難しく、より実践的になります。

 

職業としてホームヘルパーで活躍したいなら、最低でもホームヘルパー2級を取得しておくのがよいでしょう。
また、3級・2級資格の講習は誰でも受けられますが、1級資格の取得方法である講習は、2級資格を持っていなければ受講できません。


ホームヘルパー資格の取得方法記事一覧

ホームヘルパー、最近、注目されている資格の一つです。これからの高齢化社会に向けて、さらに需要も高まってくるでしょうね。どんな資格でもそうですが、ホームヘルパーの資格も、取得をするのにはそれなりの費用がかかってきます。ここで、ホームヘルパーの資格取得にどれだけの費用がかかるのかをご説明したいと思います。ホームヘルパー資格講座ごとのかかる費用一言でホームヘルパーの資格を取るといっても、さまざまな方法が...

ホームヘルパー資格を取得するためには、民間の資格スクールに通って勉強する方法や、市町村などの自治体が開催するスクールに通うなどの方法があります。民間のスクールは、スケジュールが短期集中で行なわれるとか、夜間のみのスクーリング、あるいは通信講座など、さまざまなコースを準備することで幅広い需要に対応しているのが特徴ですが、その代わり受講にかかる費用、つまり受講料が高くなる傾向にあります。ホームヘルパー...

ホームヘルパーの資格試験について調べている人も多いようですが、実は、ホームヘルパーには資格試験と呼ばれるような特別な試験はありません。ホームヘルパー資格を取得するためには、所定の時間(数十時間から二百時間超まで級によって違う)の講習を受ける必要があり、講習を修了すれば無事ホームヘルパーの資格が取得できるということになります。ホームヘルパー講習の時間って?ホームヘルパー資格試験代わりとも言えるホーム...

ホームヘルパー資格は、資格試験によらず、ホームヘルパーになるための講義や実習などをへて得ることのできる資格です。それらのカリキュラムをまとめてホームヘルパーの養成研修と呼んだりします。ホームヘルパーは高齢者、身体障害者といった、体が自由にならない要介護者やその家族の負担を減らすため、自宅での食事や入浴などのサポートをしてくれるお仕事です。これからの高齢者社会に、さらなる需要が見込まれている職業でも...

ホームヘルパーは通信教育講座で取得することもできます。ホームヘルパー資格の取得には、知識の習得とともに、技術講習、実技も必要になるため、すべてのホームヘルパー講座の内容を通信教育で学ぶことはできませんが、少なくとも介護に関する知識については通信教育のテキスト学習で学ぶことが認められています。現在、別のお仕事を持っている人、あるいは主婦であってもお子さんがおられたりすると、夜間であっても一定の時間を...

page top