ホームヘルパー資格 取得方法

ホームヘルパー資格について

ホームヘルパー1級というのは、ホームヘルパー資格の最上級資格であることからも分かるように、ホームヘルパー、つまり介護職としての実務だけでなく、たくさんいるホームヘルパーをとりまとめて統率していったり、ケースカンファレンスを実施するなど、ホームヘルパーを指導する立場(主任役のヘルパー)が求められています。
そのため、ホームヘルパー1級の講義としては、介護や家事の知識・技術、ケアマネジメントの知識に加え、ほかのヘルパーに対する指導方法などにも大きな時間を割かれています。

 

ホームヘルパー1級のメリット

ホームヘルパー1級資格を取得すると、実際に要介護者に対するサービスを実施する現場仕事だけではなく、介護サービス利用者の意向をくみ取り、満足してもらえるような訪問介護の計画を作成するとか、部下にあたるヘルパーのマネジメントを行うといったような、介護サービス提供者の中でも責任が大きい仕事の割合も増えてくるでしょう。
逆に言えば、介護サービスの会社でより指導者としての立場、管理職として大きな仕事をしていきたいと思うなら、現状としてはホームヘルパー1級資格を取得していないと難しく、求人としてもそういった条件が出てくるものと思われます。
また、パートとしての採用が少なくない介護職の中で、正社員になりたいと思った場合、やはりホームヘルパー1級のような資格を持つことが近道になることは間違い有りません。

 

下世話な話ですが、お給料の面でもそれなりに期待できるものになります。
ただ、流れとしては国家資格でないホームヘルパーは廃止の方向で進んでおり、これからホームヘルパー1級を目指すのであれば、国家資格となる介護福祉士資格を取得するほうがよいのではないかと思います。


page top