ホームヘルパー資格 取得方法

ホームヘルパーの資格

ホームヘルパーの資格は、現状としては在宅介護の現場でのスタンダードな資格として機能しています。
実際に介護サービスを受けている人は、自宅に来てくれるホームヘルパーさんのほとんどはホームヘルパーの有資格者と思ってもよいと思います。
すでにきている高齢化社会ですが、その中で、介護保険制度の運用になくてはならないホームヘルパーさん、そしてその知識や技術を証明するためのホームヘルパー資格は必要なものですが、この資格には1級から3級まで、ランクが分けられています。
そして、これらの資格は特定の試験を受験してパスした者に与えられるような仕組みではなく、どういった人でも一定の時間の講習を受けることにより与えられることになっているのが特徴的です。

 

自治体主催のホームヘルパー教室

また、ホームヘルパー資格は民間の団体のほかにも、市町村などの自治体のレベルでも教室が設けられていることが多いのも特徴と言えるでしょう。
自治体の主催する講座では、費用はほとんどかからないこともあり、できるだけ安く資格を取りたい人にとっては非常に魅力的になっています。
一方、民間のスクールでは、少人数制であったり、あるいは開講の時間を夜間に設定したり、週末のみ、あるいは短期集中型、通信教育講座など、需要に合わせて何種類も用意しており、また分からない点があれば分かるまで丁寧に教えてくれるなどのきめ細かいサービスが魅力とされています。

 

ホームヘルパー取得にかかる時間

ホームヘルパーとして現場で通用する資格は、実質的にホームヘルパー2級以上と言えますが、この2級でものべ130時間にもおよぶ講義を受けなければならず、なかなか簡単に取得をするといったことは難しいものになっています。
それほど、ホームヘルパーの職務内容というのは多岐にわたり、知識も技術も広範なものが求められていると言うことができるでしょう。


page top