ホームヘルパー資格 取得方法

ホームヘルパーの養成研修について

ホームヘルパー資格は、資格試験によらず、ホームヘルパーになるための講義や実習などをへて得ることのできる資格です。
それらのカリキュラムをまとめてホームヘルパーの養成研修と呼んだりします。
ホームヘルパーは高齢者、身体障害者といった、体が自由にならない要介護者やその家族の負担を減らすため、自宅での食事や入浴などのサポートをしてくれるお仕事です。
これからの高齢者社会に、さらなる需要が見込まれている職業でもあり、ホームヘルパーの養成研修を受ける人もどんどん増えてくるでしょう。

 

ホームヘルパー養成研修とは

ホームヘルパーの養成研修とは、要介護者が必要としている介護や家事などのサービスをするための知識や技能を習得するための研修です。
ホームヘルパーの養成研修を修了することにより、修了証明が発行されます。
これがいわゆるホームヘルパー資格で、老人ホームなどの施設における介護スタッフやホームヘルパーとして就職する際には、必須とも言える資格になっているのです。
単に家族の介護のための知識や技術の習得を目指してホームヘルパーの養成研修を受ける人もいますが、多くの人は訪問介護事業を実施している会社にホームヘルパーとして登録するとか、老人福祉施設や介護老人保健施設の介護職員として就職することが多いようです。

 

ホームヘルパー養成研修が受けられる場所

ホームヘルパーの養成研修はどこで行なわれているかといいますと、これがさまざまなのですが、主に市町村社会の福祉協議会や研修ビジネス事業者、あるいは農協や生活協同組合(生協)などでも行なわれることがあります。
受講する団体によって研修日程や形態、期間、受講会場や費用などに差があります。
ホームヘルパーの養成研修の受講を希望するなら、自分の住んでいる地域ではどういった団体が研修をしていて、どのような違いがあるのか、自分がより無理なく研修を受けるためには、どの団体を選択すればよいのかをよく考えることが大切です。
ホームヘルパーにも1級から3級までのランクがあるのですが、職業としてホームヘルパーを選択し、より実践的に活動していくためには、最低でもホームヘルパー2級を取得しておく必要があると言えます。


page top